ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ニコニコ動画で投稿中、【ゆっくり監督はギラヴァンツを有名にしたい】の投稿者が動画作成の裏話から好きな話まで何でも徒然なときに綴ります。

【ギラヴァンツ北九州観戦記】後編:この数試合でみえた『つながり』。~7/20 2019年J3第17節VSヴァンラーレ八戸~

こんにちは、ぎらりょうです。

 

では早速、「投稿滞ってたらギラフェス

来ちゃったから特別篇でなんとかするぜ!」

企画の後半戦、始めていきます。

https://www.giraryo.com/entry/2019/07/27/102425

↑前半

 

f:id:giraryo:20190727102557j:plain

(写真は同日あった小倉祇園)

 

後半戦の相手は、今年J3昇格した新顔。

ヴァンラーレ八戸

昇格組とは思えない恐ろしい攻撃力で現在

J3得点ランキングに2トップが名を連ねる

恐ろしいチームです。

しかしそんな相手を倒してこそ

J2の道が開かれるのです。

 

……とは言ったものの。

3試合前のアウェイ岩手戦から『つながり』

を断ち切れない悪い流れ。

これがこの試合でも猛威を振るいます。

 

そういう試合面もなんですが、別の脅威も

この試合では暴れまわりました。

それが「豪雨」。

f:id:giraryo:20190727102646j:plain

試合を狙ったかのように九州を掠めた台風。

その影響をもろに受けたのがこの試合。

幸い暴風が吹き続ける状況まではならず、

試合自体は何とか開催できました。

ですが雨は別。

f:id:giraryo:20190727102700j:plain

この写真、後半撮ったんですけど

ここまではっきり見える雨が降るくらいの

コンディションの中で試合は行われました。

 

この試合も主導権はギラヴァンツ

ボールを持って相手陣内でしっかりボール

を回してチャンスを窺い、機を見れば

一気に攻勢を仕掛ける展開で相手ゴールを

脅かします。

しかしこの試合ではなかなかゴールが遠い。

前半はチャンスは作れど、ゴールまでは

奪うことができませんでした。

f:id:giraryo:20190727102728j:plain

むしろ前半で印象付けられたのが

八戸の『つながり』をもったプレー。

ボールを奪ったらどう動くか。

それを徹底的に叩き込まれたんだろうという

ことが一目で分かる動きの洗練さ。

そしてリスクを承知の厳しいコース狙い。

 

その分パスミスは増えますし、もちろん

こちらもJ3上位を走るチーム。

むざむざやられるようなことはなく、

しっかり守ってこちらのチャンスを生み出す

という攻守の交代が激しい試合となります。

それでも八戸が仕込んだカウンターの怖さを

脳裏に焼き付ける印象の前半となりました。

f:id:giraryo:20190727102812j:plain

そして後半。

展開自体は前半と同じく攻める北九州、

機を見てカウンターを繰り出す八戸。

雨も激しい中でどちらが先に抜け出すか。

試合の行方を決める争いを戦い続けます。

 

そして先に掴んだのは北九州。

コーナーキックからのこぼれ球。

相手選手のクリアが半端になったのを

しっかりと捉え、ゴールに突き刺したのは

ホーム2試合連続ゴールのエースでした。


【公式】ゴール動画:池元 友樹(北九州)53分 ギラヴァンツ北九州vsヴァンラーレ八戸 明治安田生命J3リーグ 第17節 2019/7/20

f:id:giraryo:20190727102922j:plain

エース池元選手の得点により、先制。

苦しい中ついに掴んだ勝利の女神の後ろ髪。

それを離さないよう、北九州の攻勢は勢いを

増していきます。

特に惜しかったのがキーパーとの1対1を

作り出したディサロ選手。

f:id:giraryo:20190727103024j:plain

そして交代で入り池元選手のゴールと同じ

立ち位置からフリーでシュートを放った

佐藤選手。

f:id:giraryo:20190727103043j:plain

しかしこの最大のチャンス二つを逃した

北九州に、勝利の女神は掴まれた手を

振りほどいてしまいました。

 

守りきるか?追加点を得るか?

そんな葛藤がピッチ上で起きたのでしょう、

前線へのボールをカットされピンチに。

そして相手が放ったシュートの直線上。

もう一人いた八戸の選手による絶妙な

コース変更のワンタッチ。

このワンタッチが決定打となりました。


【公式】ゴール動画:上形 洋介(八戸)90分 ギラヴァンツ北九州vsヴァンラーレ八戸 明治安田生命J3リーグ 第17節 2019/7/20

北九州、またしても後半最後の失点。

試合終了のホイッスルと共にピッチに

倒れ込んだ選手の多さがこのショックを

表していると感じました。

f:id:giraryo:20190727103125j:plain

 

今シーズン、前評判を完全に蹴散らした

開幕戦から『つながり』続いた良い流れ。

しかし、ひとつのターニングポイントと

なったロアッソ熊本戦での首位対決。

ここを落としたことで『つながり』の流れが

切れてしまったと感じます。

そしてここ数試合続く「追加点を取れない」

「最後に失点してしまう」という悪い意味の

『つながり』が今チームを苦しめています。

 

そんな状況で行われるのが、本日の試合。

通称、「ギラフェス」。

ギラヴァンツ北九州のシーズン中、指折りの

盛り上がりを見せるのがこの試合です。

 

そんな試合に悪い流れが『つながり』、

きてしまいました。

が。

ですが。

実はこの試合こそ次の大きな分岐点になる。

そう確信しています。

なぜなら

 

・悪い流れが続く現状。

・しかしその中でも現状3位。

・そして前節熊本が足踏み、勝ち点差は3。

・この試合に勝てば首位の可能性を残す。

 

という条件が揃っているのです。

そんな中で最大のお祭り、ギラフェス。

悪い流れを断ち切り、いい流れの『つながり』

を再生産する絶好の機会となります。

 

ここを勝てれば、J2昇格の可能性も現実味を

帯びてくることでしょう。

そんな大切なポイントになるこの試合。

ギラヴァンツの歴史に名を連ねるであろう

この試合を見逃す手はありません。

ぜひともお時間があれば小倉駅北口に行き、

そして歴史の転換点の観測者となりましょう。

そして北九州市民の声援で良い『つながり』

を再生産し、あのJ2の地へ帰りましょう。

f:id:giraryo:20190727103219j:plain

ということで、前後編に分けたこの記事も

宴もたけなわ。

今日の夜には勝利の花火、

そして祝杯をあげることを願いつつ、

この記事を締めたいと思います。

それでは、この後スタジアムで!

 


【公式】ハイライト:ギラヴァンツ北九州vsヴァンラーレ八戸 明治安田生命J3リーグ 第17節 2019/7/20